June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【動画】蓮舫議員(42)の実態【村田蓮舫】

与謝野さん蓮舫にキレル


なんでも猪口大臣に、「障害児の親でもないあんたに、障害児の仕事なんて出来るの?」とののしるように詰め寄った。それが実は猪口さんはお子さんが障害児だったのに・・・という話。

何様のつもり
蓮舫 - Wikipedia
蓮舫 (renho_sha) on Twitter
蓮舫 マジコン - Google 検索
蓮舫流やる気のスイッチ!1日10分手作り学習ドリル術

蓮舫
 「障害を持つお子さんを育てている保護者の最大の悩み、考えるとつらいのは、自分が死んだ後、子供は生活していけるのか、もっと言えば生きていけるんだろうか、こういう不安の声にこたえたのが障害者扶養共済制度なんです。猪口大臣はこの制度を御存じでしたでしょうか。」
(障害児の親にこの質問はないだろう)

猪口邦子
 「この質問に来るまでにもちろん当然勉強してきております。そして、これが重要であるというふうに認識しております。」

蓮舫
 「この質問の通告をしなければ知らなかったと理解をさせていただきます。」
(そうではなく、猪口は質問の通告前には確実に知っているし、そういう意味で答えている)

蓮舫
 「この制度が破綻をするというのを加入者は知らないと思うんですよ。それでも自分の子供の将来のために信じて保険料を払い続けている。この方たちはどういう思いで保険料を払っているとお考えですか。」

猪口邦子
 「どういう気持ちで保護者が支払っているかということにつきましては、それはその制度を信じて、また何らかの形で安定的な運用がなされると考えて 支払い続けているに違いないと思います。」
(払ってる本人)

蓮舫
 「これだけで大臣は障害児を支援、障害児を育てている保護者を支援するのに十分との御認識でしょうか。」

猪口邦子
 「財政の厳しい中、必要な経費、確実に確保してまいっているところであると私は承知しております。」

蓮舫
 「十分か不十分かと聞いているんです。」

猪口邦子
 「社会政策の分野におきまして、十分かどうかと答えは難しいと思います。」

蓮舫
 「一生懸命学んで勉強されてこられたようですが、もっと広い観点で勉強していただかないと。一定の確率で障害児というのは生まれるんです。意欲を是非示していただきたいと思います。」

第164回国会 予算委員会 第16号
平成十八年三月二十四日(金曜日)

YouTube - 蓮舫vs猪口邦子 2006年国会
pagetop