October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【速報2015】神奈川県 公立高校 志願変更後倍率【平成27年度】



平成27年度 公立高等学校入学者選抜実施結果


掲載日:2015年2月6日


志願者数(志願変更締切時)集計結果 (2月6日発表)







平成27年度 公立高等学校入学者選抜実施結果 - 神奈川県ホームページ

【速報!2015神奈川県立高校】平成27年度神奈川県公立高等学校志願者数倍率

平成27年度神奈川県公立高等学校一般募集共通選抜、連携型中高一貫教育校連携募集(以下「連携募集」)、特別募集及び中途退学者募集志願者数集計結果の概要

3 競争率の高い学校

(1) 全日制の課程

県立横浜翠嵐 普通科  2.09

県立横浜緑ケ丘  普通科  1.97

県立湘南   普通科  1.96





平成27年度神奈川県公立高等学校一般募集共通選抜、連携型中高一貫教育校連携募集(以下「連携募集」)、特別募集及び中途退学者募集志願者数集計結果の概要 - 神奈川県ホームページ

全日制普通科(クリエイティブスクール及び専門コースを除く。) [PDFファイル/101KB]

【ちゃんと働いてね】都立高9割、入試採点ミス 過去3年分で3千件 → マークシート導入か?


都立高9割、入試採点ミス 過去3年分で3千件



 東京都立高校入試で多数の採点ミスがあった問題で、都教育委員会は二十八日、二〇一二〜一四年の過去三年間に実施された入試答案を点検した結果、ミスが百七十五校の九割を超える百六十五校で三千五十四件に達し、ミスで不当に不合格とされた生徒が十八校、二十二人に上ることを明らかにした。

 採点ミスは四月に発覚。都教委が一三〜一四年の不合格者の答案を調査したところ、少なくとも二千二百十一件のミスがあり、追加合格対象の生徒は十六校、十八人だった。

 今回は調査対象を一二年にまで拡大した上、合格者の答案も調べた。ミスによる不合格者数は四人、ミスの数は八百四十三件増加した。二十二人は現在高校一、二年生。

 都教委は、当初の調査で判明したミスによる不合格者十八人全員を追加合格とし、合格した都立高への転入を認める措置を取っていたが、新たに判明した四人についても同様の措置を取る。

 私立高などへの進学にかかった費用も補償する。

 三千件に上る採点ミスの内訳は、正答と誤答の取り違えが53%の千六百二十件で最も多く、続いて合計点の計算ミスが26%の七百九十三件あった。

 外部有識者や都立高校長らが参加する調査委員会は今月、マークシート方式導入などの入試改善策をまとめた。

東京新聞:都立高9割、入試採点ミス 過去3年分で3千件:社会(TOKYO Web)
 一方、報告書では調査結果の概要とともにミスの原因や課題についても分析。具体的な改善策として、記号選択式問題の解答形式についてはマークシート方式を導入することが盛り込まれた。ただ、一斉導入によるリスクを考慮し、平成27年2月に実施する入試については、モデル校において試験的に導入し、効果と課題を検証した上で全校導入することが望ましいとした。

 このほか、採点・点検に専念できる時間と環境の確保、採点・点検方式の抜本的な見直し、完全正答を求める出題形式の変更などが盛り込まれた。さらに救援策として、「合格発表日以降、受験生から申し出があれば採点済み答案の写しを交付する」「他校教員と相互点検を実施する」「答案の保存期間を現行の1年間から3年間に延長する」ことを提案した。

都立高校入試、採点ミス新たに4人追加合格…マークシート導入など改善策提案 - Ameba News [アメーバニュース]
都立高等学校入学者選抜学力検査の採点の誤りに係る答案の点検結果について:東京都教育委員会

【2014】公私合同説明会・相談会!!8月5日から開催!!

公私合同説明・相談会 地区ごとの詳しい情報(日程順)

川崎  県央東   平塚   秦野伊勢原   県央西   横浜中  

鎌倉湘南   相模原   横浜北   横須賀三浦   県西   横浜南






県央東:平成26年8月5日(火曜日)
     9時50分開場、10時15分から16時20分まで(最終入場15時30分)
     ハーモニーホール座間

会場へのアクセス

座間市緑ヶ丘1-1-2 小田急線「相武台前」駅より徒歩15分

参加校
県立(9校) 大和、大和南、大和東、大和西、座間、座間総合、相模向陽館、綾瀬、綾瀬西
私立(8校) 横浜商科大学、鵠沼、相模女子大学、光明学園相模原、厚木中央、柏木学園、向上、立花学園

開催形式
個別相談・ステージ発表

ステージ発表 プログラム
10時20分から 座間、柏木学園、綾瀬
11時20分から 綾瀬西、光明学園相模原、相模向陽館
13時00分から 大和、立花学園、相模女子大学
14時00分から 大和東、大和西、鵠沼
15時00分から 大和南、横浜商科大学、向上、座間総合
(各校約20分)

問い合せ先
県立座間総合高校 電話番号:046(253)2920  ホームページ:http://www.zamasogo-ih.pen-kanagawa.ed.jp/





横浜北:平成26年8月9日(土曜日)10時から15時(最終入場14時30分) 
     鶴見大学

会場へのアクセス
横浜市鶴見区鶴見2-1-3
JR京浜東北線・鶴見線「鶴見」駅西口より徒歩5分、京浜急行「京急鶴見」駅より徒歩7分

参加校
県立(17校) 鶴見、鶴見総合、神奈川工業、神奈川総合、横浜翠嵐、城郷、港北、新羽、岸根、霧が丘、白山、市ケ尾、田奈、元石川、川和、荏田、新栄
市立(2校) 東、横浜サイエンスフロンティア
私立(19校)
白鵬女子、橘学苑、鶴見大学附属、法政大学女子、横浜創英、関東学院、横浜清風、横浜商科大学、横浜、横浜創学館、高木学園女子、日本大学、武相、桐蔭学園、横浜翠陵、横浜隼人、秀英、法政大学第二、麻布大学附属

開催形式
個別相談

問い合せ先
県立鶴見高校 電話番号:045(581)4692 ホームページ:http://www.tsurumi-h.pen-kanagawa.ed.jp/

開催形式について

説明会:学校ごとに分かれたブースや教室などで、教員から説明を聞くことができます。
個別相談:学校ごとに分かれたブースや教室などで、個別に相談できます。
ステージ発表:ホールや大教室で学校が交代で学校紹介をします。見たい学校の発表時間をホームページやチラシで事前に確認すると効率よく回っていただけます。

公私合同説明・相談会 詳細ページ - 神奈川県ホームページ
<<back|<123456789>|next>>
pagetop