October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

大手進学塾09年度私立中学入試結果の不思議

“合格者数”多すぎ!? 大手進学塾のナゾ





学校の発表と数が合わない!!

少子化にもかかわらず、有名中学受験の競争率は上昇の一途をたどっている。これを受け、大手進学塾では有名校の合格者数を入れた派手な広告を街中にばらまいているが、とくに関東圏の各大手塾の“合格者数”を足し合わせると、なぜか学校の発表数をオーバーしてしまう。ひょっとして誇大広告? と思い調べてみると、意外な実態が分かった。

 もったいぶらずに最初にタネ明かしをしよう。「ホンネで選ぶ有名国立・私立中学ベストガイド」(ダイヤモンド社)などの著者で、自らも学習塾を経営する中学受験評論家の森上展安氏は次のように語る。

 「塾の合格者数の合計が実際より増えているワケは、とくに関東圏の受験生の多くがメーンの塾とは別に志望校別に週2日ほど通うサブの塾を掛け持ちしているからです。さらに別の塾の日曜教室に通う受験生もいてダブリが出るのです。業界ではこれを“関東方式”と呼んでいます」

続きはこちらでどうぞ
社会:ZAKZAK
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
WのNNでの他塾外部生を実績にカウントしていることは業界の常識です。
<<back|<444546474849
pagetop